NEWS

2019.08.16
書家 渡部裕子 個展
2019.08.15
油や*秋の青空コンサート
2019.08.12
「座る」のたね 工房家具「種」2019
2019.08.09
「油やズージャ楽団」によるスタンダードジャズとボサノバを中心とした生演奏会
2019.08.09
奥田有紀個展「追想」
2019.07.27
大島康紀絵画展
2019.07.27
「油や」キネマ第2弾開催
2019.07.23
夏の青空コンサート 尾尻雅弘×那須尚平「ビートルズ・オン・ギター」
2019.07.22
松本良太 陶芸展
2019.07.22
ノノクラフト「色々の植物染」

NEWS一覧

書家 渡部裕子 個展

2019.08.16

書家 渡辺裕子 個展
「ポエティックな余白+立原道造「萱草に寄す」より」

信濃追分ゆかりの詩人・立原道造「萱草に寄す」の詩より、漢字一字を抜粋する“一字書”として、それぞれの詩のイメージで揮毫します。墨ー文字の流れに無限の意味を読み解くのも良し。残された余白にまた格別の物語りを観ずるも良し。ArtProject沙庭では初めての書家の個展となります。お楽しみください。

●期間:2019年8月23日(金)〜9月23日(月)
●場所:アートプロジェクト沙庭

●渡部裕子 / Hiroko WATANABE
1970年生まれ。書家・立体書アーティスト
2010-2012 セントラルアートギャラリー個展(名古屋)
2013 アジア創造美術展大賞受賞
2014 南オーストラリア州立美術館作品11点収蔵となる(アデレード)
2014 oz asia festival招聘単独公演(アデレード)
2015 art expo new york招聘(ニューヨーク)
2016 アジア創造美術展 金賞受賞
2017 art athina招聘(アテネ)
2017 melcart gallery個展(パリ)
2018 名古屋城本丸御殿個展(名古屋)
2019 tenri cultural gallery個展(ニューヨーク)
2019 gallery悠玄個展(京都

●作家webサイト
http://www.hirokowatanabe-sho.com/

●書家・渡部裕子関連ワークショップ〈遊学座〉
8/24(土)「信州立岩和紙・言薬・書の作品をつくる」
9/1(日)「立原道造・朗読・書。書家と朗読家によるパフォーマンス」

油や*秋の青空コンサート

2019.08.15

◇アコースティックライブ by SuzKen (Guitar) x 山極しょうえい(Bass) x 定成クンゴ(drum)

♪ブラジリアンな風を感じるどこまでも高く伸びる歌声と、繊細で横に広がるギターの音色。シンガーソングライター SuzKen。
♪ふくよかで豊かな低音とグルーブ、ハワイで学んだ異色のベーシスト 山極しょうえい。
♪ドラマー / パーカッショニストとして、メジャー、インディーズ問わずサポートしてきた、定成クンゴ。

●料金:当日2,000円 予約優先1,500円(0267-31-6511)
●定員:30名程度
●開催日:2019年9月15日(日)
●入場:13:30〜 開演:14:00〜
●場所:天神桟敷(本館東側テラス) *雨天時「油や新館2F」

鈴木健太郎SuzKen / 鈴木健太郎◎ (Guitar)
2010年シンガーソングライターSuzKenとしての活動を開始。ギターの弾き語りのライブを活動の軸とする。ストリングスやパーカッションを交えた様々なバンド編成でのライブを進行中。
「Motion Blue」, 渋谷「JZ Brat」目黒「Blues Alley」など。今までに12回のワンマンライブを成功させてきた。独創的な楽曲、躍動感のあるリズム、それに乗る日本語歌詞が魅力。
2012年2月SuzKen Trio『NUDE』リリース。2012年5月SuzKen『ふわふわり』リリース。2015年6月青太郎『バザール』リリース。2019年6月アフロベゲ3rdアルバム「Balko」リリース。

山極祥瑛山極祥瑛 Shoei Yamagiwa◎ (Bass)
昭和63年生まれ。長野県千曲市出身。中学高校と吹奏楽に打ち込みクラリネットを吹いていたが、17歳の時にMarcus Millerのアルバム「Silver Rain」を聞いて衝撃を受けベーシストに転向。高校卒業後は単身渡米。ソウル、ブルース、ファンクなどブラックミュージックにのめり込む。2009年に京都に移り住み木田聡・西野やすし両氏に師事。2016年6月に長野に戻り、県内外を問わず幅広く活動中。

定成クンゴ定成クンゴ(さだなり くんご)◎ (drum)
両親とも打楽器奏者という風変わりな家庭で、打楽器に囲まれながら少年期を過ごす。日本大学芸術学部音楽学科を卒業後、渡米。バークリー音楽院に留学、中退。留学中、現地でブルースバンドに所属し「どさまわり」を経験。バックビートの奥深さを学び、感銘をうける。
ドラマー・パーカショニストとしてアーティストのライブサポートやレコーディングに参加。プロデューサー兼プレーヤーとして、「アンツピット」「ギタラートリオ」「渡辺学」「ブブンゴ」等のアルバムをリリース。また、アニメ『エレキング the animation』で、劇中音楽及び主題曲の全てを作曲・演奏するなど、新しい音楽スタイルの提示を続けている。

「座る」のたね 工房家具「種」2019

2019.08.12

「座る」のたね 工房家具「種」2019

「種」は、長野の佐久地域周辺での展示会や、web上での繋がりをきっかけに集まったメンバーで、普段の活動は、いわゆる作家的な仕事から、個人のお客様からの家具製作依頼、建築家や工務店などの発注を受けた家具の製作など、それぞれのスタンスは様々ですが、「木のものが暮らしの種になる」、「より良い生活へのきっかけとなる」ことを願うといった点で共感し、2012年から集まって展示会を行っています。

第8回となる今年は、テーマを 「座る」のたね  としました。
椅子・スツール・ベンチなど座るための家具は、座り心地の良さと姿の美しさの両立に頭を悩ませたり、構造をあれこれ考えたり、制作する者にとって難しさと面白さが格別な対象です。今展では、それぞれの作り手が想いを巡らせて実を結んだ様々な「座る」をご覧いただきます。

●期間:2019年8月22日(木)〜8月26日(月)
●場所:ギャラリー一進
●今展の出品者
芦田貞晴(上田市) / 出光晋(軽井沢町) / 田澤祐介(神奈川県海老名市) / 宮鍋慶(御代田町)

https://wwtane.web.fc2.com/
https://www.instagram.com/tane.seedwood/
https://www.facebook.com/wwtane/

●芦田 貞晴(Sadaharu Ashida)
1959 年 岡山県津山市生まれ。
87-96年 小諸市にて木工修業。
2001 年 武石村(現上田市武石)に工房開設。

●出光 晋(Susumu Idemitsu)
1969年 東京都生まれ
日本大学文理学部を卒業後、東急ハンズに勤務。
退社後、東京デザイナー学院家具デザイン科および東京都立足立技術専門校木工科(夜間)にて学ぶ。
1997年 建築家Olle Anderson氏主催の「wood 98」
      (於ノルウェー)に日本代表として参加
1999年 株式会社カンディハウスに入社
      製造部、営業企画部、製品開発部を経る
2006年 退社後、工房「風緑木」を開設
2012年 「君の椅子2012」のデザインを担当
2012年 グループ展「種」の実行委員を担当
2013年 「新宿区立中村彝(つね)アトリエ記念館」展示家具の製作を担当
2014年 彫刻家北村西望氏の処女作「葦に雁」の修復を担当
2015年 九州国立博物館所蔵の土偶台座製作を担当
2018年 九州国立博物館所蔵の刀剣台座製作を担当
第6回「暮らしの中の木の椅子展」入賞
第84回「国展」入選

●田澤 祐介(Yusuke Tazawa)
1970年 神奈川県生まれ。
新潟大学大学院農学研究科林学専攻修了後、
自然環境コンサルタントに7年勤務。
木工を学び、北欧中古家具のリペアの仕事などを経る。
2006年 工房開設開業。
第6回「暮らしの中の木の椅子展」入選
「工芸都市高岡2009クラフトコンペティション」入選
佇まいの良い木の家具・生活道具を作っていきたいと思っています。

●宮鍋 慶(Kei Miyanabe)
1981年 埼玉県生まれ
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業。
設計事務所勤務後、飯能技術専門校木工科を経て、
特注家具工房に勤務。
2011年 御代田町に工房「木跡(kiseki)」を開設

EVENTS

2019年 営業期間:4月20日(土)〜11月4日(月・祝) 定休日 :火・水曜日 営業時間:11:00〜17:00*4/25〜5/6、7/18〜9/2は休まず営業。

立原道造・隠れ家プロジェクト

毎月7日は、前庭で骨董市*7/7は開催されません。

2019年チラシ
チラシを見る

Link

HP利用規約

【禁止事項】
「aburaya-project.com」に掲載されている写真・地図・情報などの無断転用、転載、その他社会通念上不適切と定める行為は禁止します。
【著作権について】
「aburaya-project.com」に掲載された文章、写真、地図、イラストなど、コンテンツの著作権は「油やプロジェクト」に帰属します。
【注意事項】
  • 掲載情報は、時期・条件等によっては実際の状況と異なる場合があります。
  • 「aburaya-project.com」の閲覧、利用につきましては、ユーザーの責任において行れ、サイトを利用したことによる直接的、付随的、結果的、間接的、あるいは懲罰的な損害、経費、損失、または債務などについて、「油やプロジェクト」はいかなる責任を負うものではありません。
  • 「aburaya-project.com」に含まれる資料・情報の正確さや個々の目的への適合性を完全に保証することはできません。
  • 「aburaya-project.com」へのアクセスや、サイトからのダウンロードにより生じたコンピューターその他の機器への損害やウイルス感染のいかなる責任を負うものではありません。
Twitter facebook