NEWS

油小僧の銅版画販売中

2017.05.21

油やのキャラクターにもなっている油小僧の銅版画2種類が販売中です。
※販売はお一人様1枚にさせていただいております。
制作:飯島洋子

油小僧の銅版画

内藤久恵「直線をまとう」きもの Re-Design

2017.05.13

直線・平面で構成された布が「まとう」ことでドレープをうみ立体的な服となります。
Re-Designで、着物の魅力を残し現代的なFudangiに生まれ変わった「きもの」の魅力をお楽しみください。
お手持ちの着物のRe-Designのご相談も承ります。

日程:2017年5月11日(木)〜5月15日(月)
※22日(月)までに変更になりました。
場所:lucite gallery
内藤久恵「直線をまとう」きもの Re-Design内藤久恵「直線をまとう」きもの Re-Design内藤久恵「直線をまとう」きもの Re-Design

立川志の八 落語会

2017.05.12

立川志の八 落語会立川志の八 落語会
2017年6月24日・25日、軽井沢にほど近い信濃追分にございます「油や」にて、毎年恒例となりました志の八の落語会を開催いたします。

講演名:~週末、歴史深い文士の宿で立川志の八落語会~ 『しのはちの巣 特別編 in 信濃追分「油や」vol.4』
期日:2017年6月24日(土) 17時開演、25日(日) 14時開演
場所:ギャラリー一進
チケット:前売/各日 2,000円(当日 2,500円) 税込・自由席
【特典】24・25日、両日のチケットをご購入の方には、志の八オリジナル“今治ハンドタオル”全6色からお好きな色をお1人1枚プレゼント!!
※未就学児童のご入場はお断り申し上げます。また、録音・録画・写真撮影は禁止されています。

プロフィール:
2000年5月 落語立川流、立川志の輔に入門 / 前座名 志の八
2009年2月 名前は変わらず志の八で二ツ目昇進
2011年3月 第10回さがみはら若手落語家選手権 優勝
2012年9月 前橋 第四回若手落語家選手権 優勝

Home
Twitter

噴墨、

2017.05.10

FUN-BOKU-TEN

作家:鐘馗孫 相場彩翠 竹内櫻千 萩原拓雪 益山夢眠

噴墨の力強さ・繊細さ・意外性・芸術性、噴墨の魅力たっぷりの展示会です

この機会にぜひ墨の持つパワーを感じ取ってください

開催期間:2017年5月18日(木)〜22日(月)

開催場所:ギャラリー一進 入場無料

5.25~29鐘馗孫 のコピー

ふじもと「茶人からの手紙」

2017.05.08

ふじもと「茶人からの手紙」

古美術商の藤本氏は書画を専門に扱っています。
写真は伊達政宗の書簡です。昔の手紙を是非ご覧になりにいらしてください。

日程:2017年5月25日(木)〜6月5日(月)
場所:lucite gallery

永楽屋ガーデン 春の苗市2017

2017.04.26

今年も追分コロニーさんの店頭を沢山の花苗で賑やかに飾ります。お気に入りの野草たちに会いにきてくださいね。
山野草の楽しみ方やお庭のお困りごとなどを気楽に語り合う緑の苗市です。
永楽屋ガーデンの考える植物とのふれあい方をちょっとだけお教えしますので、気楽に声をかけてくださいね。

日程:2017年5月3日(水)、5月4日(木)、5月5日(金)

時間:11時〜16時

永楽屋ガーデン 春の苗市2017

神林 學展

2017.04.22

神林學神林學
「ヒトのカラダに執着するこの作家は、近年まるで体内の気の流れのようにワイヤーを自在に扱い自立する人体を制作している。そしてどのような大作でも小品でも彼の掌から生まれたカラダはかならず独りで立つ。正しい気の流れは正しいバランスをもたらすのだろう。そしてつまるところ彼はボディー以上に人間そのものが好きらしい。」
アートプロジェクト沙庭 ナカムラジン

2017年4月22日(土)〜5月29日(月)
Art Project 沙庭

KAMBAYASHI GAKU
個展 / ギャラリーオカべ、巷房、うつわ菜の花、Art Project沙庭、えすばすミラボオ、ボディガ(イタリア)、天王洲アイルセントラルタワーアートホール、アートフェア東京(有楽町アートフォーラム)、その他個展・グループ展多数

長谷川真次 個展

2017.04.20

長谷川真次個展「もがき、あがき」

上田市在住の画家長谷川真次の個展です

「心のどこかに溜まった何か 頭の中でごちゃごちゃした何か ふだんどこかに潜んでいる感情」 そんなあれやこれやを吐き出すように描いてきた近作を発表致します 圧倒的な迫力の油彩画をお楽しみください

4月29日(土・祝)〜5月8日(月) 11時〜5時 ギャラリー一進 入場無料

4.29~5.8長谷川

■略歴■
長谷川真次(はせがわしんじ)
1957年、神奈川県藤沢市生まれ。長野県上田市在住。
クイスト株式会社 代表取締役、グラフィックデザイナー
ワイン用ぶどう栽培農家、画家(現代美術家協会信州支部会員・太平洋美術会長野支部会員)

1980年頃 独学でイラストを描き始める。
1981年 東京のデザイン会社でデザイナーとして勤務
1988年 フリーのグラフィックデザイナーとして独立。この頃イラストレーターへの道は諦める。
1991年 有限会社長谷川デザイン事務所を設立
2003年 クイスト株式会社へと改組
2011年 東日本大震災以降、新たな人生を模索するなか日本でワイン用ぶどう栽培の農業が存在していることを知り、山梨県、長野県のワイナリーを訪ね歩く。
2012年 長野県のワイナリーにて栽培の体験・研修を重ねる。
2013年 住み慣れた横浜市から長野県上田市に移住。クイスト株式会社も東京より移転登記。
自由な時間が多くなったのを機に、約25年ぶリに絵を描き始める。
2014年 上田市真田町に畑を借リ、苗木を植えてワイン用ぶどうの栽培をスタート。
11月:画家・宗田光一氏と出会い、初の油彩画を始める。
同時期、「農民美術」として上田地域に根付く木彫をクラサワ工房にて始めている。
2015年 11月:初の個展を開催(東京・銀座 長谷川画廊)
2016年 自宅兼キャラリー「岩清水美術館」を開設。
5月:「第112回太平洋展」に入選(東京六本木・国立新美術館)
6月:「第72回現展」に入選(東京六本木・国立新美術館)
7月:「第41回太平洋美術会長野支部展」に出品(長野市・ホクト文化ホール)
9月:「第14回信州現展」に出品(松本市・松本市美術館)
11月:グループ展「信州現展・東京展」に出品(東京銀座・ギャルリー志門)
11月:「太平洋美術会小品展」に出品(長野市・もんせんぶら座)
12月:「第44回東信美術展」に入選(上田市・上田市立美術館サントミューゼ)
12月:「ワインボックス展」に出品(東京銀座・ギャルリー志門)
2017年 1月:「GENTEN新春アートフェア2017」に出品(東京銀座・ギャルリー志門)
4月: 2度目の個展を開催(軽井沢追分宿「油や」・Gallery—進)
5月中旬:自己ブランドの初ウインテージワイン「真田メルロ」発売(予定)

長谷川真次個展「もがき、あがき」長谷川真次個展「もがき、あがき」長谷川真次個展「もがき、あがき」

2017年のチラシができました

2017.04.01

油やの今シーズンの営業開始まであと3週間ほどになりましたが、6年目のスケジュールの予定や全体像がわかるチラシができあがりました。
今年も表紙には油小僧。
印刷もされ実物もありますが、下記からダウンロードしてご覧いただけます。
なお、2つのファイルはそれぞれ10MB前後ありますので、ご注意ください。

2017年チラシ 外面(7.5MB)
2017年チラシ 中面(10.9MB)

2017 油やチラシ

2017 油やチラシ